おばちゃん財布
「おばちゃん財布」と一般的に言われるものがある。
買い物に行くときに使うモノが何でも入っている「パンパン」の財布のことだ。
スーパーで使うポイントカード、各種割引券、レシート、小銭はじゃらじゃら・・・・。
不格好だが何でも入っているので、どんな店でも対応できる。
貰えるモノは特典だろうが、ポイントだろうが、、逃しはしない、というところだろうか。
生きるための人間の努力の象徴といった趣さえ感じる。

さて、我が家の財布事情はどうであろうか。
賢明なる読者の方はお気づきのように、私の財布が「おばちゃん財布」であることは自明である。
理由について考察したい。
みかちゃんは

1)重いモノが嫌いである。それが財布であっても。
2)こせこせしたことが嫌いである。それが「お得」であっても。
3)そもそも子供のころから、あまり財布を持ったことがなく、最近でも外出時に財布を忘れることが多々あるらしい。
  加えて、欲しいものは買ってもらうことに慣れている。
4)食料等の買い物は、週一回俺と一緒に行くので、財布は持たなくても金は出る。。

それでも、やはり彼女もコンビニくらいには入って買い物もするであろう。
お金が足りなくなったら、ATM支払い機を利用し、明細の紙が出てきたりして、自然に財布が脹れるのでは?
そう思われるであろう。彼女が普通の人であったならば、、という仮定が正しい場合である。
実態はこうである。

まず、一人ではコンビニに入らない。
一人で外食もしない。喫茶店で一人で茶を飲んだりしない。
いつ財布を使うのか?
友人や仕事関係の人と会うときだけである。
それでは、金が足りなくなったら?
彼女は実は、ATMの使い方が分からない。
どうするのか?
時々俺が彼女の財布をチェックして、足りない分をそっと補充しておくのである。(泣)

思えば、コスメデコルテのカードや美容院の予約カードから始まり、
一緒に外出中、急に必要になった時のための彼女の名刺、
みかちゃん名義の銀行のキャッシュカードまで常に持ち歩き、おばちゃん財布に甘んじている俺だが、
結婚して以来、ほとんど評価されたことがない。
何故だろうか?
彼女が普段どう言っているのか、下記の中から選んで欲しい。

1)昔から不自由を感じたことはない。(誰かが何とかしてくれていた)
2)人間は向き不向きがあり、自分は細かいことは向いていないが、俺は「お得」とかが好きだから。
3)それが存在価値だから。
4)俺がインチキ営業マンだから。
5)俺がインチキ商人だから。



<答え>

ぜんぶ。
[PR]
by nekomekuri | 2003-10-13 19:32 | ねこかわいがり
<< 庶民と音楽家 せんのやつ >>