センチメンタル
私の行ってた中学校は、体育館にステージというものがなかった。
その代わりに立派な講堂というものがあり、
そこで式典などはやっていた。

その当時、いつだったかの春、
体育館に全校生徒呼び出されて
毎年毎年やってくる教育実習生の紹介があった。

”次は3年・・・・組の担当の・・・大学ご在学中の・・さんです・・・”

というところまでは聞こえた。
私のクラス担当の教育実習生らしかった。
そこから先はいくら耳をソバダテドモ聞こえず
その教育実習生の紹介は終わってしまった。

体育館から帰って自分の教室に入ると一人の女の人が
担任の先生の横にいた。
髪の毛が長くてふわふわな雰囲気の人だった。
どうも、体育館で
蚊のなくような声の自己紹介していた人らしかった。

私はぼうっとしながら、
”この人の声はやけに小さい。2週間、教育実習やってけるのか?”
と、目の前にいる、今日から我がクラスの担当となったこの教育実習生の身の上を心配したもんだった。

まあ、ネタバレなのは承知だが、その人こそ、
“みかちゃん”だったのであります。
[PR]
by nekomekuri | 2001-01-01 00:28 | ねこじゃらし
<< ピンクスピリッツ 夢 >>