のり
懸賞用の1枚の応募用紙を、切ったり折ったり貼ったりして
そのまま送れる封筒を作る作業をしていた。

まず“のり”をしっかりつけてから封筒の形にしようとしたら、
折りしろを折ってなかったことに気付く。
のりのついた紙を折るのは難しく、結局
手がベタベタになった挙げ句、変な形の封筒になった。
ここで、1枚の紙から封筒を作るには、手順が必要だと気付く。
つまり

1 最初に折り線にそって全て折りぐせをつける。
2 のりをつける。
3 のりが手につかないように折り目にしたがって封筒の形にする。

思えば子どものころから、このテの作業が苦手だった。
よく『小学○年生』の付録に、紙で作るロボットなんかが付いていたが、
のりが嫌いだったので、セロテープで作っていた。
しかし全身テープだらけのロボットは、とても格好が悪く、
すぐゴミ箱行きだった。

横で見ていたみかちゃんが、
「ほんとにひろは、こういうのダメねえ。。」
と言って、俺の手からできそこないの“封筒もどき”を奪うと、
さささっときれいな封筒の形に仕上げてしまった。
人間向き不向きがあるものだ。

そういえば、「人間向き不向きがある」というフレーズ、
よしえママのHPでもよく見る。
彼女もおそらく、セロテープ派に違いない。

1998-8-23
[PR]
by nekomekuri | 2001-01-01 00:04 | ねこかわいがり
<< コブラツイスト とんぼ >>