コブラツイスト
みかちゃんが、突然つまらないと言い出した。

うちは貧乏なので、娯楽がない。
Play stationなどがあれば、良いのに。。とも思うが、
そんなものがあったら、人生それだけになってしまうのは分かっているので、それだけは、お互い止めようと誓いあっている。

こんなとき、いつもなら「一番いくか」と相撲をとることになる。
とはいえ、体重が二倍位違うので、いつも土俵際から
彼女が押し込むことになる。要は、俺が、彼女の運動不足を解消する
スポーツ器具となるわけだ。
しかし、今日は趣向を変えてみた。

「コブラツイストを教えてやるよ」

思えば、子どもの頃から、俺と弟は近所では「格闘技兄弟」として有名だった。
いつもTVでプロレスを見た後、マットレスを畳の上に敷いて、
様々な技を研究していた。
弟は、結局アマレスの選手になり、インターハイにまで出たが、
俺はラグビーを専攻(?)し、ひとから
「グラウンドで相撲してるみたいね。ボールさわったことあんの?」
と言われる決して華やかではない日々を今も送っている。

話はそれたが、コブラツイストだ。
俺も古き良き時代のプロレスファンとして、みかちゃんに、
本当のコブラツイストを教えてやりたい。

ところで、コブラツイストといえば、面白い話がある。
俺のラグビー部の後輩は、あの学○院初等科へ通っていたのだが、
ある時、学○院に伝わる、ひとりの勇敢な子どもの話しをしてくれた。
その子どもは、同級生の「○のみや」(飲み屋ではない)がどうしても
気にくわなかったらしく、いつか痛い目に会わせてやろうと虎視眈々と、
攻撃の機会を狙っていたそうだ。

しかしいつもは、ボディガードがピタリとついていて、中々近寄れない。
そこで、彼は考えた挙げ句、ついに護衛がいなくなる瞬間を発見した。
トイレの中だ。
どうやって、トイレの中で待ち伏せしたのかは知らない。
しかし、彼はついにトイレの中で、「○のみや」と二人っきりになった。
彼はどうやって、「○のみや」に思い知らせたのだろうか。
彼にとって最高の攻撃方法は、なんだったんだろうか。
それは「コブラツイスト」だ。

後日、彼は退学になった。。。

そんなことは、どうでもいい。
みかちゃんに、本当のコブラツイストを教えてやりたい。
そのため、最初は手加減抜きでかけてやろうとした。
しかし、効かない。体の柔らかい奴には、どうも効かないらしい。
タコと戦っているみたいだ。

そこで、卍固めにした。古いファンには、これまた堪えられない技だ。
しかし、効かない。それどころか、どうも彼女にとっては、
体の柔軟になっているらしく、「次は、手を引っ張って」と言われ、
体側を伸ばす運動に入った。次は前屈。屈伸。。。

充分な運動をしたみかちゃんは、「じゃ」と手をあげて、俺に挨拶すると
シャワーを浴びにいってしまった。
こうして、俺の孤独なコブラツイスト探究の夜は更けていく。。。

1998-9-30
[PR]
by nekomekuri | 2001-01-01 00:05 | ねこかわいがり
<< 知的生産の技術 のり >>